マックスむらいの@BLAST(アットブラスト)がリリース! 仮想通貨SPINDLEと提携

マックスむらいさんの会社APPBANK(アップバンク)が仮想通貨配付コンテンツプラットフォーム『@BLAST(アットブラスト)』のサービスを開始するとのことです。

端的に言えば、賞金制eスポーツ大会でGACKTさんでお馴染みの仮想通貨『SPINDLE(スピンドル)』を賞金として配付するプロジェクトのようですね。

ただ、賞金制eスポーツ大会だけでなくロードマップを見てみるとその後の展開についても色々と構想があるようです。

@BLAST(アットブラスト)の内容

@BLAST(アットブラスト)の内容は、マックスむらいさんの動画で紹介されています。

動画でわかる@BLAST(アットブラスト)の内容まとめ
  1. @BLAST(アットブラスト)は2018年6月にリリース予定
  2. @BLAST登録キャンペーンで1000円相当の仮想通貨をプレゼント
  3. @BLASTは『仮想通貨がもらえるゲームイベント』として当面は運営
  4. @BLAST×ポーカーポーカー(スマホアプリ)の賞金イベントが開催される
  5. ポーカーポーカーで賞金1000万円相当の仮想通貨がもらえる大会を開催(7月)
  6. ポーカーポーカーはヘッズアップ専用のポーカーアプリ
  7. 今後もゲームメーカーと協力し仮想通貨配布イベントを開催予定(月2~3回)
  8. @BLASTのロードマップ発表※下記で解説
  9. @BLASの提携仮想通貨はSPINDLE(スピンドル)
  10. 初年度3.2億円相当のSPINDLEを配布予定
  11. SPINDLE以外の仮想通貨も検討中&国内有力ゲームメーカーとも調整中。
  12. @BLAST(アットブラスト)公式テレグラムもスタート

@BLASTは、マックスむらいさんのAPPBANKとSPINDLEの企画ですね!

スピンドルはミュージシャンのGACKTさんがコアメンバーとして関わっている仮想通貨です。

マックスむらいさんの動画はたまに見てますが、最近動画でGACKTさんが出演してたり、SPINDLEの宣伝してるなと思っていたら一緒にプロジェクトを企画してたんですね。

価格面で言えば、スピンドルは超絶ICO割れの暴落コインではありますが、今回の@BLAST(アットブラスト)とのプロジェクトで浸透していけばいいですね。

動画でマックスむらいさんが述べているように、ゲームやエンターテイメントと仮想通貨は非常に相性がいいです。

ブロックチェーンゲームをはじめ、仮想通貨とゲームやギャンブル、エンターテイメントという市場は、ここ最近多面的にプロジェクトが加速している印象があります。

2018年後半の仮想通貨市場は、この分野が熱そうですね!

@BLASのロードマップ

@BLASは、『仮想通貨がもらえるゲームイベント』として当面は運営されるようです。
ただ、ロードマップを見るとマーケットサービス開始、そして大型アップデートと新サービスも行っていくとのこと。

どんな展開をしていくのかは、後日発表されるようですね。

マーケットサービスというのは、スピンドルで決済できるサービスとかですかね。
仮想通貨のマーケットを広げる取り組みになれば面白そうです。

また、新サービスというのも具体的な発表はされていませんが、アップバンクはゲームアプリの開発も行っていますし、ブロックチェーンゲーム市場への参入も視野に入れているかもしれませんね。

最近盛り上がってきているイーサタウン(ETH.TOWN)のベータ版をはじめブロックチェーンゲーム市場は、着々と進化しています。
仮想通貨×ゲーム(エンターテイメント)という分野には可能性を感じます。

@BLAST自体は、今のところ『賞金制eスポーツ大会で仮想通貨を配付する』というだけのプロジェクトではありますが、今後のアップバンクに期待したいですね。

@BLAST登録で1000円分のスピンドルプレゼント!

@BLAST登録で1000円分の仮想通貨がもらえるようです。
何の仮想通貨かは告知されてませんが、ほぼ間違いなくスピンドルでしょうね。

配布時の相場にて1000円分ということなので、スピンドルのICO価格で言えば、数万円以上もらえるということに(笑)

ポーカーポーカーにも期待!

アップバンクがリリースされたポーカーポーカーは、ヘッズアップ(タイマン)専用のポーカーアプリです。

ヘッズアップとは、世界一メジャーなポーカールールである「テキサスホールデム」で1対1でゲームをすることですね。

筆者は、ポーカーが好きで、マカオのカジノでポーカーをしたり、オンラインポーカーなどでも普段からプレーしてます。

ポーカーポーカーはヘッズアップ限定ということで、最初はイマイチかなって思ってましたが、仮想通貨と絡めた大会もやるみたいだし、登録してみようと思います。

でも、本当はヘッズアップだけじゃなくてトーナメントとか多人数のポーカーもできるようにしてほしい!

賞金制eスポーツ大会は法制度上問題ない?

ところで賞金制eスポーツ大会は、刑法賭博法の観点から問題にならないんでしょうか?
@BLASの賞金は、法定通貨ではなく仮想通貨ですが、,2016年の改正資金決済法により「仮想通貨は準通貨である」と定義されています。
このあたり、アップバンクはどう考えているんでしょうかね。

ともあれ、ゲームと仮想通貨を取り巻く一つのプロジェクトとして着目していきたいと思います。

スピンドル受取と日本円へ交換はウォレットと取引所が必要

@BLASTではスピンドルが配付されますが、スピンドルを日本円に交換するためには、仮想通貨取引所の登録が必要です。

仮想通貨取引所は、Zaif(ザイフ)が使いやすくておすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録方法は、下のページで解説しています。

【完全版】Zaif(ザイフ)登録方法を徹底解説!口座開設・本人確認・2段階認証

なお、スピンドルを受け取るにはMyEtherWalletなどのイーサリアム対応ウォレットが必要です。

スピンドル(SPD)は、ERC-20トークンと言ってイーサリアム系の仮想通貨なんですね。

MyEtherWalletは、無料で作れるイーサリアム系ウォレットなので、スピンドルを受け取る際に使えるはずです。

MyEtherWalletの作り方は下のページで解説しています。

MyEtherWallet(MEW)作成(登録)方法!ログイン・日本語化・アドレス残高確認方法

スピンドルを日本円にするには、MyEtherWalletでスピンドルを受け取って、主要な仮想通貨(イーサリアムやビットコインなど)に交換して、Zaif(ザイフ)などの日本の取引所で、日本円に交換する必要があります。

仮想通貨をはじめて持つ人には少しややこしく聞こえるかもしれませんが、手順通りに行えば簡単です。

Zaif(ザイフ)は口座開設に少し時間がかかるので先に作っておくことをオススメします。

ザイフの登録は、本人確認に数週間程度かかる!思い立ったらまずは登録しておこう!

金ネコ

もし、本格的に仮想通貨を始めるなら、Zaif(ザイフ)だけでなく、複数の取引所を開設しておくと有利になります。
おすすめ取引所は下のページで紹介しています!

【仮想通貨の買い方】取引所の登録・入金・購入の全てを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です