仮想通貨は今からだと遅い?ビットコイン暴落と今後の将来性・これから儲けるために

2018年のはじめまで、仮想通貨はまさに「バブル」の状態でした。
普通のサラリーマン、主婦、学生が「仮想通貨を持っていただけ」で大きく儲けていましたし、資産総額が1億円を超えた“億り人”がテレビや雑誌などのメディアで盛んに報道されていました。

正直言って2017年から2018年初頭までのビットコインの値上がりは、『異常なまでの急騰』でしたし、以前から投資している側としても『恐ろしい』と感じるくらいの値動きでした。

筆者は、日本のバブル時代を経験している世代ではありませんが、仮想通貨の爆上げをリアルタイムで目の当たりにして「高度成長期のバブルってこんな感じだったんだなー」と思ったものです。

しかし、ビットコインは200万円を超える最高値を付けた後、コインチェックNEM流出事件などで大暴落をしました。
一時は、70万円を割るところまでビットコイン価格が急落し、その後も急騰、急落を繰り返しています。

このような状況の仮想通貨ですが、一時の高騰や普通の一般人が億り人になっている現状を見て、

仮想通貨は今からだと遅いのか?それともまだ儲かるのか?

これからもビットコイン価格は上がるのか?それとも暴落するのか?

このような疑問を持ちながら仮想通貨投資をはじめるべきか考えている人も多いと思います。

今回は今から仮想通貨をはじめる初心者に向けて、仮想通貨の今後の見通しや将来性、そして仮想通貨特有のリスクなどについてお伝えしていきます。

急上昇と暴落を繰り返しているビットコインですが、長期的なスパンでは下げ相場も終わり、仮想通貨の成長性を見込んだ上げ相場が続いています。

仮想通貨のリスクを把握し、安全に取引をしていきましょう。

仮想通貨は今からでも儲かるのか?

今から仮想通貨を始める際に一番気になるのは、ブロックチェーン技術の将来性よりも『今からでも儲かるのか?』という部分ではないでしょうか?

まず、身も蓋もない話ではありますが、仮想通貨が今後上がり続けるかどうかというのは非常に予想が難しいです。
もちろん、知識人、著名人でビットコインの価格上昇に肯定的な意見が多いですし、ブロックチェーンの技術に着目する企業は日に日に増えていき、実際に実用化に向けて進んでいるプロジェクトも数多くあります。
そのため、長期的な視点ではビットコインを始めとした仮想通貨の価格上昇はまだまだ見込めると言えます。

一つの事件で暴落するリスク

長期的に大躍進の予感のある仮想通貨ではありますが、同時にコインチェックのハッキング事件など一つの事件がトリガーとなって一気に暴落するリスクもあります。

これは、実態のない仮想通貨の特徴でもありますが、一度下降トレンドになったら、なかなかトレンド転換せず価格が下落し続ける傾向にあります。
逆に一度上昇トレンドになったら、そのまま一気に価格上昇する傾向があります。
ゆえに、ハイリスク・ハイリターンと言われるのが仮想通貨です。

大きなリターンが見込める可能性

仮想通貨、ブロックチェーン技術はまだまだ始まったばかりで、これから法的整備が進み、実用化に向かっていきます。
将来性が高く発展途上であるからこそ、仮想通貨は大きなリターンが見込める投資案件と言えます。

仮想通貨は安全で確実に儲かる投資案件ではありませんが、しっかりとリスクを理解した上で投資をするなら今、最もハイリターンを手にすることのできる投資案件だと言えます。

仮想通貨やブロックチェーンはまだまだ始まったばかりです。
今から始めて遅すぎることはありません。

まずは自己責任で負えるリスクの範囲で、少しずつ、小さく仮想通貨投資を始めてみてはいかがでしょうか?

どれくらいのリスクを負えるのか?

仮想通貨はハイリスク・ハイリターンの投資です。
将来性に着目し長期的な視点でビットコイン投資をするにしても、短期的な急騰、急落は今後も頻繁に起こり得ます。

仮想通貨特有のリスクは次のようなものがあります。

仮想通貨投資4つのリスク
  1. 仮想通貨の価格変動リスク
  2. 取引所のセキュリティやシステムに関するリスク
  3. 仮想通貨の保管に関するリスク
  4. 詐欺に関するリスク

仮想通貨の価格変動リスク

仮想通貨の価格変動のリスクは先述のとおりです。
大きな損失を出さないために、小額からの投資をすることを心がけましょう。

取引所のセキュリティやシステムに関するリスク

その他のリスクとして、コインチェック事件などの取引所のセキュリティやシステムトラブルなどのリスクもあります。
取引所がハッキングされて仮想通貨を失った事件はこれまでも何度もあります。
また、システムトラブルが原因で、仮想通貨の売買のタイミングを逃してしまうということも起こります。

取引所選びでは、安心して利用するために、安全面、セキュリティ面、そしてサーバーの安定性などで選ぶことが大切になります。

仮想通貨の保管に関するリスク

仮想通貨は一度紛失したら二度と取り戻すことはできないため、徹底した自己管理が必要になります。
よくある紛失事例として、「送金アドレスのミス」「保管している仮想通貨アドレスのパスワードの紛失」があります。

仮想通貨は現金と同じく大切な資産です。
自己責任で管理を徹底しましょう。

詐欺に関するリスク

新興市場である仮想通貨は、まだまだ法的整備が整っていません。
それゆえに大きなリターンが期待できるわけですが、詐欺まがいのICOや怪しいセミナーなどもあります。
悪質な勧誘などで資産を失わないように十分に注意が必要です。

仮想通貨に関するリスクと対策については下記のページで全てまとめてあります。
安全に投資をするためにも読んでおいてください。

仮想通貨投資の危険性・リスク回避と安全に始めるための初心者の心得

仮想通貨のはじめ方

仮想通貨は今からでも遅くありません。しっかりとリスクを理解した上で、まずは少量のビットコインを買ってみることがおすすめです。

仮想通貨を買うためには、仮想通貨取引所への登録が必要です。

取引所への登録は簡単にできます。
しっかりとセキュリティ対策をするために、本人確認の手続きなども含めても、10分位で取引所の口座開設ができます。

まずは取引所のアカウント開設をしていきましょう。

最初の取引所として、初心者におすすめなのはZaif(ザイフ)です。

ビットコインをはじめ、モナコインやザイフトークン、コムサなどの人気アルトコインの取り扱いがあり、手数料が最安、コイン積立機能も使え小額からの取引が可能です。

【完全版】Zaif(ザイフ)登録方法を徹底解説!口座開設・本人確認・2段階認証

その他のおすすめ取引所は下記ページで解説しています。

【仮想通貨の買い方】取引所の登録・入金・購入の全てを徹底解説!

まとめ

2018年1月をピークに一時はかなりの下落した仮想通貨ですが、長期的なスパンで見ると下降トレンドは終わり、上昇トレンドの兆しを見せています。
2017年のように、全ての仮想通貨が軒並み上昇するような状況は考えにくいですが、今後、ブロックチェーン技術が実需に向かう中で、ビットコインやイーサリアム、リップルなどは重要性を高めていくはずです。
長期的にな視点で動向をチェックしていき、まずは小額から仮想通貨投資をはじめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です