Huobi pro(フォビプロ)レバレッジ取引ガイド!使い方・倍率・手数料も解説!

日本人にも人気の海外取引所Huobi pro(フォビプロ)は通常の現物取引だけでなく、レバレッジ取引を行うこともできます。
Huobi pro(フォビプロ)のレバレッジ取引の最大のメリットは通貨ペアの種類が豊富なことです。

今回は、Huobi pro(フォビプロ)のレバレッジ取引の方法を解説していきます。

仮想通貨FXをするならHuobi pro(フォビプロ)の使い方もマスターして大きな利益を出していきましょう!

Huobi レバレッジ取引の特徴

Huobiのレバレッジ取引(仮想通貨FX)は、取り扱い銘柄が20種類以上あります。
仮想通貨FXで人気のBitMEXは6銘柄の取り扱いですし、色々な通貨を取引できるのはHuobiの大きなメリットですね。
レバレッジの倍率は2倍なので、ロスカットがされにくいというのも初心者にとっても安心材料となります。

逆にHuobi FXのデメリットとしては、レバレッジ取引口座への資金移動が通貨ペア毎に必要だということ。
資金移動自体は、無料でリアルタイムでできるのですが、通貨ペア毎にその都度、資金を移動するのは結構面倒です。
また、レバレッジ取引の利息が24時間あたり0.1%となるため、決済期間は短くして短期的なトレードをすることを推奨します。

Huobi レバレッジ取引の手順

Huobiでレバレッジ取引をするには、少し手順が必要です。
ざっと説明すると次の通り。

Huobi レバレッジ取引のステップ
  1. レバレッジ口座に入金(振替)する
  2. 通貨を借りる(貸借する)
  3. トレードする
  4. 通貨を返却する
  5. 通常口座に出金(振替)する

Huobiでレバレッジ取引をするには、まずはレバレッジ口座に入金、そして通貨を借りてからの取引になります。
資金の移動などちょっとしたひと手間がありますが、やり方自体は簡単に覚えれます。

では、順に説明していくぞ!

金ネコ

レバレッジ口座(FX口座)の入金と出金(振替)方法

Huobiでレバレッジ取引をするには、『通常の入出金口座』から『レバレッジ口座(FX口座)』へ元金の入金をする必要があります。
まずは、レバレッジ取引専用の口座にコインを入金しましょう。
入金方法と出金方法を順に解説します。

FX口座への入金方法


ログイン後の画面の右上『口座管理』から『レバレッジ取引』をクリックします。

レバレッジ取引を行う通貨ペアの『入金』をクリックすると、下図の元金入金のポップアップ画面が開きます。

入金するコインの『銘柄』を選択して、『注文数』を入力します。
全てを選択するとHuobi(フォビ)のコイン残高の全てをFX口座に入金できます。

確認』をクリックすると入金完了です。

FX口座からの出金方法

FX口座から出金する場合は、入金のときとは逆に、『レバレッジ取引(FX)専用の口座』から『通常の入出金口座』へ資金を移動させます。

使い方は入金と同じなので簡単にわかると思います。

他の取引所やウォレットに送金したい場合も、一度FX口座から通常の入出金口座に移動する必要があります。

Huobi(フォビ)FX口座への入金・出金に手数料はかかる?

HuobiのFX口座(レバレッジ取引専用口座)への元金の入出金は手数料無料で利用できます。

Huobiのマイアカウント内での資金移動なので手数料は当然といえば当然ですがありがたいですね。
また、入金もすぐに反映されますので、FXをするときは、その都度取引したい通貨ペアに元金を移動していきましょう!

通貨を借りる(貸借する)

レバレッジ口座に入金(振替)したら、入金した通貨を証拠金にしてHuobiから通貨を借ります。

レバレッジ口座画面で、取引したい通貨ペアの『レバレッジ』をクリックします。

または、レバレッジ取引画面の『レバレッジ管理』をクリックしても通貨の貸借画面に切り替わります。

レバレッジ管理の使い方

今回は、ETH/BTC(イーサリアム/ビットコイン)の通貨ペアを例に説明します。

ETHをロング(買い)する場合は、BTCを借ります。
ETHをショート(売り)する場合は、ETHを借ります。

それぞれ『貸借数量』を入力して申請すると通貨を借りることができます。

イナゴっち

ん?どうゆうこと?
要するに元手となる資金を借りるわけだよ。
レバレッジ取引で「ETHを買いたい」からBTCの借り入れをする。
逆に「ETHを売りたい(ショート)」なら元手となるETHを借りるってわけだ。

金ネコ

ちなみに貸借の利息は24時間あたり0.1%で、この貸借申請をした段階から発生します
お金を借りることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、レバレッジ取引はすべて取引所から一時的にお金を借りてトレードする方法なので、機能的には他の取引所と同じです。

やり方が少しややこしいけど他の取引所と同じってことだな。

金ネコ

レバレッジ取引(仮想通貨FX)の仕方

通貨を借りたら、レバレッジ取引をすることができます。

指値注文』または『成行注文』を選び、『注文数』を入力して『買い(ロング)』『売り(ショート)』をそれぞれ選択して注文します。

その他のレバレッジ取引の画面の見方は、Huobiの通常の取引所と同じです。
Huobi取引所の使い方は、次のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

Huobi pro(フォビプロ)使い方ガイド!入出金や取引所の買い方を徹底解説!

決済注文の仕方

レバレッジ取引の決済注文は、先ほどと同じようにトレード画面にて反対注文を出して行います。

ロングをした場合はショートで決済注文をします。
ショートをした場合はロングで決済注文をします。

通貨を返却する

決済注文が確定してトレードを終えたら通貨の返却を行います。
通貨を返却するまでは、24時間毎に0.1%の利子が発生していますので、取引の決済後はすぐに通貨を返しましょう。

通貨を借りたときと同様に、レバレッジ口座画面で、取引したい通貨ペアの『レバレッジ』をクリックします。

借り入れした通貨の『返済』をクリックします。

借入返済の画面が出てきますので、『返済数量(貸借数量+利息)を入力して『確認』をクリックしたら借入返済が完了します。

以上でレバレッジ取引は完了です!

まとめ

今回h、Huobiのレバレッジ取引の仕方について解説していきました。
Huobiのレバレッジ取引の最大の魅力は通貨ペアの豊富さです。

Huobiでしか取り扱いのない通貨も多いので、希望のアルトコインFXの銘柄があるなら、Huobiはオススメです。

ただし、Huobiはレバレッジ取引をするために、資金をレバレッジ口座に移動させて、更に取引前の『借り入れ』と取引後の『返済』の手続きがあるので、やってみるとわかりますが「かなり面倒」です。

その点、BitMEXの仮想通貨FXは、とても使い勝手が良く追証なしでFXできるため、BitMEXで取り扱いがある通貨をトレードするなら断然BitMEXがおすすめです。

筆者は、仮想通貨FXをする場合、基本的にはBitMEXを使っています。
Huobiは、BitMEXに無い通貨を取引する時か、または通常のHuobi取引所(現物取引)が非常に使いやすいので、現物取引をメインにHuobiを使っています。

取引所はそれぞれメリット・デメリットがありますので、Huobiも含め、複数の取引所を使い分けるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です