XM本人確認書類(身分証明書・住所確認書)と口座有効化手順を徹底解説

XMの登録に必要な書類って何があるの?
XMの口座開設には、身分証明書と住所確認書の2つの本人確認書類が必要だね。
2種類の本人確認書類を提出して口座有効化をすればXMが使えるよ。
手順通り有効化すれば3000円のボーナスがもらえるからササッとやってみよう!

おー!(*´∀`*)

XM(XM Trading)に登録して取引を開始するには、本人確認書類(身分証明書・住所確認書)の提出を行い口座有効化をする必要があります。

本人確認書類に不備がなければ書類提出後、24時間以内にXM口座が有効化されます。

なお、口座の有効化が完了すると3000円の取引ボーナスが貰えるので、口座開設と合わせて本人確認手続きまで済ませておきましょう。

それでは手順について解説していきます。

XMの会員ページへアクセス

まずはXM公式サイトから会員ページへアクセスし、ログインをしましょう。

※まだXMの口座開設が完了していない方は、先には口座開設をしましょう。

XMの口座開設手順は下記ページにて解説しています。

XMリアル口座開設の登録手順まとめ!3000円取引ボーナスの受け取り反映まで!

XM口座の有効化をしよう!

XMの会員ページにアクセスしたら、早速XM口座の有効化をしていきましょう。

まずは「今すぐ口座を有効化する」ボタンをクリックします。

共通報告様式(CRS)追加情報の入力

共通報告様式(CRS)追加情報の入力画面に切り替わります。

マイナンバーをお持ちの方で登録する場合は、「マイナンバーをお持ちですか?」で「はい」を選択します。

マイナンバーを登録しない場合は、「いいえ」を選択しましょう。

現在のところ、マイナンバーの提出は必須ではありませんし、取引ができないなどのペナルティが課されることもありません。

今後マイナンバーの提出が義務付けられる可能性はありますが、マイナンバーの登録なしでもXMで取引を利用することは可能です。

口座開設時も「いいえ」を選択して大丈夫です。

ご本人確認書類

本人確認書類として、「身分証明書」と「住所証明書」をアップロードしていきましょう。

本人確認書類は、スキャナーやスマホやカメラで撮影した写真でも可能です。

身分証明書

運転免許証、パスポート、マイナンバーなど顔写真が入っている身分証明書ならOKです。

住所証明書

ご本人の登録住所が確認できる書類を提出します。

公共料金請求書(ガス、電気、水道など)、電話料金明細書、クレジットカード請求書や銀行の利用明細書、住民票、納税関係書類などを1つアップロードしましょう。

発行日より6ヶ月以内の書類が有効となります。

身分証明書と住所証明書を「参照」から選択したら、『書類をアップロードする』ボタンをクリックしましょう。

登録メールアドレス宛に「証明書類アップロード完了通知」が届きます。

あとは、土日休日を除く24時間以内に、XMの担当部門が審査をしますので、口座の有効化を待ちましょう。

3000円の取引ボーナスの申請をしよう!

本人確認書類の提出が完了したら、3000円の取引ボーナスの申請ができます。

XM会員ページのホームから3000円ボーナスの「今すぐ獲得」ボタンをクリックしましょう。

3000円の取引ボーナスは口座開設後30日以内でないと獲得できません。

そのため、本人確認書類申請後、すぐに申請しておくことをおすすめします。

ページが切り替わったら、3000円ボーナスの申請完了です。

XM 3000円取引ボーナスの反映と受け取り方法について

3000円の取引ボーナスは、本人確認書類の審査が完了し、口座が有効化された後、数十分から数時間程度で自動的に反映して受け取ることができます。

口座有効化と同時にボーナスが反映するわけではないので、しばらく待ちましょう。

XMの口座開設と有効化が完了したら、いよいよ取引ができます。

3000円のボーナスを受け取ってすぐにトレードができますので、まずはトレードをしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です