Zaif(ザイフ)日本円入金を徹底解説!おすすめ入金方法・手数料・反映時間を比較

このページでは、Zaif(ザイフ)への日本円の入金方法について詳しく解説していきます。

はじめてZaif(ザイフ)を利用する人でも分かりやすいように、銀行振込、コンビニでの入金、ペイジー入金、それぞれの入金手順を図解でステップごとに説明していきます。

また、それぞれの入金方法のメリット・デメリットも紹介していますので入金方法選びの参考にしてみてください。

なお、Zaif(ザイフ)に入金し、取引をするためには、事前にZaif(ザイフ)のアカウント登録と本人確認手続きを行う必要があります。
Zaif(ザイフ)の登録と本人確認が完了していない人は、下のZaif(ザイフ)公式サイトにて先に登録しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の入金方法3種類を比較!

Zaif(ザイフ)への入金方法は、3種類あります。

Zaif(ザイフ)の入金方法
  1. 銀行振込による入金
  2. コンビニ決済入金
  3. ペイジー入金

それぞれの入金方法には次のような特徴があります。

入金方法 入金反映時間 入金手数料 入金上限金額 出金制限
銀行振込 リアルタイム
~数日
金融機関による
(無料~数百円)
なし 1週間ほどの
送金制限
コンビニ決済入金 リアルタイム 高め
3万円未満486円/3万円以上594円
299,400円 なし
ペイジー入金 リアルタイム 高め
3万円未満486円/3万円以上594円
99.9万円 1週間の出金制限

結論を言うと、手数料が安く使いやすいのは銀行振込による入金となります。
急ぎの場合や銀行が休みの土日祝日などに早く入金したい場合は、コンビニやペイジー入金を利用するといいですね。

なお、以前は、クレジットカードでの入金もできましたが、現在は不正防止のためクレジットカード入金には対応していません。

それでは、それぞれの入金方法の詳細と具体的な入金手順について解説していきます。

銀行振込による入金

銀行振込での入金は、Zaifへの入金手段として最もおすすめの方法です。
住信SBIネット銀行以外の銀行奈良の入金だと入金反映までまで少し時間がかかりますが、他の入金手段に比べて手数料が安いのが特徴です。
急ぎでない場合は銀行振込を選択しましょう。

銀行振込による入金のメリット・デメリット
振込手数料が安い
入金金額に上限がない
入金反映まで少し時間がかかることもある
初回入金後1週間ほど送金制限がある

振込手数料は、振込をする金融機関の所定の手数料が必要になります。
また、住信SBIネット銀行からの入金だと手数料が無料なので、口座を持っていれば住信SBIネット銀行からの入金がオススメです。

銀行振込による入金の手順

Zaifにログイン後、画面右上の『アカウント』をクリックします。


上図を参考に選択していきます。

①『入出金と履歴』をクリック

②『 ¥ 』マークをクリック

③『 + 入金 』をクリック

④『銀行振込による入金』をクリック



入金金額』を入力して『入金開始』をクリックします。


振込先』と『お振込み名義』などの情報が記載されていますので、この通りに振込をしましょう。
お振込み名義』を間違えてしまうと、サポートへの入金依頼が必要になり、入金に時間がかかってしまうので間違えないように注意してください。

振込の反映は、ザイフの口座へ着金したあと、通常1営業日以内に完了します。

コンビニ決済入金

コンビニ決済入金は、コンビニにて現金での支払いで、Zaifに日本円を入金することができます。
リアルタイムで入金が反映されますが、手数料が若干高めになります。

コンビニ決済入金のメリット・デメリット
リアルタイムで入金反映される
入金手数料が高め(3万円未満:486円、3万円以上:594円)
振込上限がある(299,400円まで)

コンビニ決済入金の手順

Zaifにログイン後、画面右上の『アカウント』をから上図を参考に選択していきます。

①『入出金と履歴』をクリック

②『 ¥ 』マークをクリック

③『 + 入金 』をクリック

④『コンビニ決済入金』をクリック


入金金額』を入力して『コンビニ決済による入金手続きを開始する』をクリックします。


名前などの登録情報と決済金額を確認し『手続きを続行する』をクリックします。


希望のコンビニを選択し『次へ』をクリックします。

ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクスでの支払いの場合

受付番号』が表示されるのでメモをしておきましょう。
また、『お支払い情報送信』にて、任意のメールアドレスに受付番号などの情報を送信することもできます。


受付番号』のメモをしたら、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクスの端末機にて『申込券』を発行します。
申込券』をレジで掲示して支払いをすれば、ザイフへの入金手続きが完了します。

ファミリーマートでの支払いの場合

上図の『第1番号』、『第2番号』などの情報をメモしておきましょう。
または、『バーコード表示はこちら』をクリックしてバーコードによる支払いも可能です。


第1番号』、『第2番号』のメモを持ち、ファミリーマート店頭の「Famiポート」のトップメニューから「代金支払い」→「収納票発行」を選択し、『第1番号』、『第2番号』を入力すると『Famiポート申込券』が発行されます。

発行されたFamiポート申込券をレジに掲示して支払いすれば、ザイフへの入金手続きが完了します。

ペイジー入金

ペイジー入金とは、Pay-easy(ペイジー)に対応した銀行のATMやインターネットバンキング、モバイルバンキングから入金する方法です。

ペイジー入金のメリット・デメリット
リアルタイムで入金反映される
入金手数料が高め(3万円未満:486円、3万円以上:594円)
99.9万円までしか入金できない
入金後1週間は出金できない

ペイジー入金の手順

Zaifにログイン後、画面右上の『アカウント』をから上図を参考に選択していきます。

①『入出金と履歴』をクリック

②『 ¥ 』マークをクリック

③『 + 入金 』をクリック

④『ペイジー入金』をクリック


入金金額』を入力して『ペイジーによる入金手続きを開始する』をクリックします。


名前などの登録情報と決済金額を確認し『手続きを続行する』をクリックします。


収納機関番号』『お客様番号』『確認番号』は、支払いの際に必要になるためメモしておきましょう。

『お支払い情報送信』にメールアドレスを入力して送信すると、上図の情報をメールアドレスに送ることができます。

あとは、Pay-easy(ペイジー)対応の金融機関ATM、インターネットバンキング、モバイルバンキングから支払いをすれば、ザイフへの入金手続きが完了します。

まとめ

今回は、Zaif(ザイフ)の日本円の入金方法について詳しく解説していきました。
ザイフの入金が無事完了したら、いよいよザイフで仮想通貨の取引が行なえます。

ザイフは仮想通貨の銘柄も多いですし、人気のMONAコインやコムサ、NEM、Zaifトークンなど人気のアルトコインや他の取引所では扱いがない通貨も取引可能です。
また、ザイフはコイン積立など他の取引所にはないサービスもあります。

ザイフの利用やビットコインなどの取引に慣れたら、他のアルトコインやコイン積立に挑戦してみるのも面白いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です